星空を全力で駆け抜けた。やがて光は消え、ただ軌跡だけが残った。           かつて夜空を彩った流星は、どこへと向かうのだろうか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングルCDの発売からそろそろ四ヶ月。
最近CDは聞いても情報集めを全然してなかったら、お知り合いの方にはもはやどれだけ好きか説明不要な、お気に入りのSound Horizonのイドイド特設サイトがエライ事に・・・・。

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚) 何!? 何!? 何があったの!?
どうやら前回のシングルCDに引き続いて、今回も「童話は何時だって墓場から・・・、云々」がコンセプトらしくって、謎の単語群も「アルバム収録曲の曲名なんじゃない?」的な推理を多くの人がしてるみたいです。
相変わらず正座待機のファンをwktkさせる単語がふんだんに入った曲名(推定)で、真ん中に古井戸があって、右側が陰・左が陽なのかな・・・・とか、塔とか教会っぽいシルエットになってるのはやっぱり意味があるのかな・・・とか、見つけてからと言うものあれやこれや想像して楽しんでますw


発売は12月15日だとか、かなり年末が近いので発売日に手に入れられるかかなり不安なんですが、疲れた身体引き摺ってでも買いに行って、相変わらずケース分解している事でしょう・・・・w


追記を閉じる▲
どうやら前回のシングルCDに引き続いて、今回も「童話は何時だって墓場から・・・、云々」がコンセプトらしくって、謎の単語群も「アルバム収録曲の曲名なんじゃない?」的な推理を多くの人がしてるみたいです。
相変わらず正座待機のファンをwktkさせる単語がふんだんに入った曲名(推定)で、真ん中に古井戸があって、右側が陰・左が陽なのかな・・・・とか、塔とか教会っぽいシルエットになってるのはやっぱり意味があるのかな・・・とか、見つけてからと言うものあれやこれや想像して楽しんでますw


発売は12月15日だとか、かなり年末が近いので発売日に手に入れられるかかなり不安なんですが、疲れた身体引き摺ってでも買いに行って、相変わらずケース分解している事でしょう・・・・w

【2010/10/09 15:21】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。