星空を全力で駆け抜けた。やがて光は消え、ただ軌跡だけが残った。           かつて夜空を彩った流星は、どこへと向かうのだろうか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近色々忙しくて、マビ自体も殆どinしない日が続いてます。
テストも近いんだけど、それ以外にも色々と用事が立て込んでいて、今月いっぱいはドタバタになりそうな予感・・・。

一応、今週末は入れたら入りたいなと思ってるんですが、それもどうなる事やら・・・
今から12年前の1月17日、関西地方で地震が起きました。
ちなみに当時私は小学2年生。
震源からも離れていて、我が家近辺の震度は4、実際に被害も、家の壁に少しだけ亀裂が入ったとか、父親が山積みにしていた仕事関係の資料が見事に崩れ去ったとかそんな程度のものでした。
ただただ地震があったという事以外には、神戸の惨劇も、それを助けたボランティアの人達の活躍も、8歳の子どもには何も分かりませんでした。

それから10年後、私は偶然にも『被災放送局が伝えたもの』と題された資料に出会いました。
被災地のど真ん中にあったラジオ局の約3日間の放送記録。

これを読んで、どう思うか。それは人それぞれだと思います。
何も思わない人や、読むだけ無駄だったと思う人も居るかも知れない。
でも私は、この記録をもっと大勢の人に見てもらいたい、そう思い去年から1月17日に自分のHPでURLを公開しています。

今年は、本家のHPが改装中なので、こちらに載せる事にしました。

『被災放送局が伝えたもの』
ラジオ関西公式HP内より(無断でURL掲載)
http://jocr.jp/sinssai/sinsai3.html

はっきり言ってかなり長いので、私も全部見た事はありません^^;
でも、ここに記されている事、その全てがフィクションではない生の記録です。
時間の空いたとき、ふと気が向いたとき、魔が差したとき、この埋もれかけの記録を覗いてみてください。

な~んて。今日は少しマジメちっくな内容でしたw


追記を閉じる▲
今から12年前の1月17日、関西地方で地震が起きました。
ちなみに当時私は小学2年生。
震源からも離れていて、我が家近辺の震度は4、実際に被害も、家の壁に少しだけ亀裂が入ったとか、父親が山積みにしていた仕事関係の資料が見事に崩れ去ったとかそんな程度のものでした。
ただただ地震があったという事以外には、神戸の惨劇も、それを助けたボランティアの人達の活躍も、8歳の子どもには何も分かりませんでした。

それから10年後、私は偶然にも『被災放送局が伝えたもの』と題された資料に出会いました。
被災地のど真ん中にあったラジオ局の約3日間の放送記録。

これを読んで、どう思うか。それは人それぞれだと思います。
何も思わない人や、読むだけ無駄だったと思う人も居るかも知れない。
でも私は、この記録をもっと大勢の人に見てもらいたい、そう思い去年から1月17日に自分のHPでURLを公開しています。

今年は、本家のHPが改装中なので、こちらに載せる事にしました。

『被災放送局が伝えたもの』
ラジオ関西公式HP内より(無断でURL掲載)
http://jocr.jp/sinssai/sinsai3.html

はっきり言ってかなり長いので、私も全部見た事はありません^^;
でも、ここに記されている事、その全てがフィクションではない生の記録です。
時間の空いたとき、ふと気が向いたとき、魔が差したとき、この埋もれかけの記録を覗いてみてください。

な~んて。今日は少しマジメちっくな内容でしたw

【2007/01/17 21:03】 | 未分類
トラックバック(0) |


サフィーシス
 紹介されたラジオの記録、さ~っとだけど読んだよ。現場の状況を克明に伝える内容じゃないけれど、少しでも情報を流そうと必死になっている様子がよく分かるよ。

 これは単なる事務的な放送記録じゃないね。アナウンサーの感情がにじみ出ている言葉も記録されてる。『こんなつらい放送は初めてだ』とか。

 そういえば、当時は地震のことが流れない日は無いくらい地震情報が流れてたよ。

 1階が完全に潰れたマンション、全壊した5階の建物、横倒しになったビル、ヘリコプター上空からの火災、陥没した高速道路…。日増しに増えていく死者の数。違う地域にいる僕にも記憶として残るほどね。

 明日は我が身かもしれないし、戒めだと思って読むのが吉だろうねー。

 うーん、出来るならいろんな人に読んでもらいたいねぇ。僕も暇が出来たら読むの挑戦してみるよ。
 

……っと、少しまじめちっくなめいやんに付き合ってみる( ´ー`)y-~~

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
 紹介されたラジオの記録、さ~っとだけど読んだよ。現場の状況を克明に伝える内容じゃないけれど、少しでも情報を流そうと必死になっている様子がよく分かるよ。

 これは単なる事務的な放送記録じゃないね。アナウンサーの感情がにじみ出ている言葉も記録されてる。『こんなつらい放送は初めてだ』とか。

 そういえば、当時は地震のことが流れない日は無いくらい地震情報が流れてたよ。

 1階が完全に潰れたマンション、全壊した5階の建物、横倒しになったビル、ヘリコプター上空からの火災、陥没した高速道路…。日増しに増えていく死者の数。違う地域にいる僕にも記憶として残るほどね。

 明日は我が身かもしれないし、戒めだと思って読むのが吉だろうねー。

 うーん、出来るならいろんな人に読んでもらいたいねぇ。僕も暇が出来たら読むの挑戦してみるよ。
 

……っと、少しまじめちっくなめいやんに付き合ってみる( ´ー`)y-~~
2007/01/18(Thu) 00:38 | URL  | サフィーシス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。